水道の蛇口を閉めても止まらない水漏れの修理

通常蛇口を閉めれば水は止まります。ところが水道の蛇口を力いっぱい閉めたはずにもかかわらず、水がぽたぽた落ちてくるというケースもしばしば見られます。これは蛇口のところで水漏れが起きています。なぜ蛇口をきちんと閉めても水が止まらなくなっているのか、そのメカニズムを理解しておきましょう。

■シングルレバータイプは何が原因か

キッチンでよく見られるレバーを上下に動かして水の操作をするのが、シングルレバーと呼ばれるものです。このような蛇口を使っている水道でトラブルが発生した場合は、バルブカートリッジに何かしらの問題が発生していると推測できます。バルブカートリッジのポジションは胴体の中です。新しいものと交換すれば、改善するでしょう。バルブカートリッジ自体が正常に動作している場合は、ゴムパッキンの経年劣化が原因になっている可能性があります。

■ハンドルレバータイプで水漏れ発生

化粧台などで使われているのがハンドルレバータイプです。捻ることで水を出したり止めたりする従来のデザインです。こちらの蛇口で水漏れに悩まされているのなら、ハンドル部分に設置されているゴムパッキンの劣化を疑った方がいいかもしれません。このような案件で業者を呼ぶケースが非常に多いからです。
上で見たシングルレバーと比較すると、こちらは中身の構造がシンプルです。そのため、素人でも自分で修理や交換をすることは十分可能です。実際にサイトで説明しているものや、動画で紹介しているものも見られます。

■まとめ
蛇口で起きている水漏れは、どのタイプのハンドルかによって原因箇所が違ってきます。ただし紹介したケースは可能性の高いものであり、この他にもさまざまな状況があり、原因や修理方法は異なります。もし原因がわからなかったり、自分で交換する自信がなければ、水道 修理業者を呼んでプロの方に確かな作業をお願いすると確実です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ